元うつ社員が挑む、キャリア形成改革

~アラフォーぴよたまの人生やり直し挑戦ブログ~

答えは自分の中に!『意識レベル』(①/③)

こんにちは。
皆さんは日々の暮らしの中でお悩み事や困り事はありませんか?

f:id:bojisowaka:20191018224556j:plain

現在、抱えている問題が大きすぎて身動きが取れなく途方に暮れているそこのあなた!
この記事はそんなあなたにお届けしたいと思って真心を込めて執筆しました。

 

僕は、大学院を出て、日本人なら誰もが知っている大手企業に就職しました。
そして、結婚をして2人の子供を授かりました。
傍から見ればそんな平凡で幸せな環境でしたが、内面は日々の会社のストレスで絶望しておりました。。

 

そして、遂にうつ病となりこれまで手にしていた社会的地位、経済力の全てを失い、見事に無職へと転落しました。自殺未遂を繰り返し、絶望の淵で壮絶な経験をしました。

 

この記事では、そんな僕が命がけで習得した『意識レベル』の考え方についてかみ砕いてご説明させて頂きます。

 

意識レベルなんて怪しいと思われるかもしれませんが、騙されたと思って一度まっさらな素直な心でお付き合ってみませんか?
アナタの数分を僕に下さい!!悪いようにはしません ><
苦しむ方の力になりたいんです!!死ぬ思いで僕自身が経験から学んだことをあなたに伝えたいんです!(暑苦しいっすね…)

 

ちなみに、この記事は、全3回の予定です。
本記事で意識レベルとは何ぞやについて、次回の記事で意識レベルを考える重要性について、そして最終回で意識レベルの上げ方(実践編)についてそれぞれご紹介いたします。是非とも、全3回にわたってお付き合い下さいませ。

 

前置きが長くなりました。それでは、参ります!
よろしくお願いいたします。

 『意識レベル』って何?

 『意識レベル』とは、アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズ博士が著書「パワーか、フォースか」の中で提唱している理論です。(はい。こんなん全く覚える必要はありません。ちょっと、格好つけたかっただけです💦)

 

彼は、この意識レベルを17段階に分類しています。(下記意識レベルマップ参照。)

f:id:bojisowaka:20191018225923j:plain

このマップのエネルギーとは、身体からみなぎってくるエネルギーのことです。
聖闘士星矢で言うところの小宇宙(コスモ)スターウォーズで言うところのフォースといったところでしょうかね?(笑)
上のレベルに行く程、生きるエネルギーが高いことを表しています。
厳密にではなく、あくまでもイメージで捉えて下さいね。
(考えるのではない、感じるのだ w)

それぞれの『意識レベル』の解説

さてここで、それぞれの意識レベルの方々に登場して頂きましょう!
(異論もあるかと思いますが、あくまでも概念的なイメージで捉えてみて下さいね。)

f:id:bojisowaka:20191018230312j:plain

f:id:bojisowaka:20191018230356j:plain

f:id:bojisowaka:20191018230417j:plain

多少は上下することはありますが、通常、日常的に居座る意識レベルは人それぞれで固定されます。その人にとって、居心地のよい、ホームグランドがあるってことですね。
ちなみに、サラリーマン時代の僕は底辺の「恥」レベルがホームグランドでした(´;ω;`)

f:id:bojisowaka:20191018230640j:plain


さて、意識レベル表の真ん中あたりに赤い境界線が見えますね。ここが、幸せか否かの分かれ道のようです。それぞれのレベルで次のような傾向がみられます。

境界よりも上のレベルの人
現実が上手くいく、願いが叶いやすい
健康
本当の自分の想いを実現できる
直感が冴える

 

境界よりも下のレベルの人
現実が思い通りにならない、願いが叶わない。。
病気になりやすい。。
他人に振り回される。。
直感が鈍る。。

 

余談ですが、このストレス社会のご時世、なんと90%以上の方々が境界の下で生きているだとか(所説有)。。。

最後に

如何でしたか?

本記事では、『意識レベル』についてご紹介をさせて頂きました。

 

『意識レベル』が高いことは、生きるエネルギーがみなぎっている状態のことを言います。生まれた時に与えられた能力や、今いる環境で決定されるものではなく本人の心の状態のことです。

 

まぁ一言で言えば、全ての答えは自分の中に!です(笑) 
いまいち、よく分からないですよね。。
次回の記事でより詳細に説明いたしますので、次回の記事も是非ともご覧ください。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。